全国一律送料無料!
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
  1. TOP
  2. ラグジュアリーウォッチ(Luxury Watch)
  3. ブルガリ(BVLGARI)
  4. ブルガリ・ブルガリ(BVLGARI BVLGARI)
  5. BVLGARI ALUMINIUM ブルガリ アルミニウム 空山基 限定モデル 103703
BVLGARI ALUMINIUM ブルガリ アルミニウム 103703
BVLGARI ALUMINIUM ブルガリ アルミニウム 103703
BVLGARI ALUMINIUM ブルガリ アルミニウム 103703
BVLGARI ALUMINIUM ブルガリ アルミニウム 103703
BVLGARI ALUMINIUM ブルガリ アルミニウム 103703

ブルガリ アルミニウム 空山基 限定モデル 103703 BVLGARI ALUMINIUM
ブルガリ アルミニウム 空山基 限定モデル
103703

  • 限定
  • 自動巻
価格 ¥ 407,000 税込

【在庫に関して】 商品は店舗共有・メーカー取寄せ商品もあり、日々の在庫の変動によりご希望に添えない可能性もございます。 その際は速やかにお知らせいたしますので当店からのメールを必ずご確認ください。
【商品写真に関して】 商品写真はお使いの環境により、色見が実物と若干異なる場合がございます。また、天然素材を用いた商品(マザーオブパールなど)は個体差がございます。予めご了承ください。

※返品・交換対象外

商品番号 103703
無金利60回ショッピングローン

無金利ローンとは?
60回まで無金利でローンを組む事ができるペーパーレスのショッピングローン。
詳細はこちら

正規の商品が対象の動産保険(GMC)

GMCとは?
11,000円~で加入できる3年間の損害保険。(腕時計のみ対象。スマートウォッチ対象外)
詳細はこちら

ブランド名 BVLGARI(ブルガリ)
ムーブメント 自動巻き
パワーリザーブ:約42時間
振動数:28'800 VpH(4Hz)
素材 ケース:アルミニウム(DLCコーティング)
ベゼル:ラバー
バンド:ラバー
リューズ:チタニウム(DLCコーティング)
サイズ ケース幅:40mm
重量 -g
防水性 100m防水
その他特徴 限定1.000本
ブルガリ アルミニウム 空山基 限定モデル ウォッチ
「Sorayama」のロゴ、リミテッドエディション番号でパーソナライズしたチタニウムコーティングを施したケースバック
ペルラージュ装飾仕上げを施したダイアル
日付表示カレンダー
スーパールミノバ仕様のインデックス
スーパールミノバ仕様のロジウムプレートを施した時針・分針
フックバックル
文字盤カラー:シルバー
サイズ調整について バンドサイズはお客様自身で調整できます。
保証期間 3年間(メーカー保証)
お買い上げの時計が、取り扱い説明書に沿った正常な使用状態で 故障した場合、取り扱い説明書の記載内容の範囲で、 保証期間に限り、無償修理致します。

ブルガリ アルミニウム ウォッチ

トレンドや時代を果敢に超越して、ブルガリ アルミニウム は、ラグジュアリースポーツウォッチの可能性を再定義してきました。 このスペシャルエディション ウォッチを制作するにあたり、ローマ発祥のメゾン、ブルガリは、アーティストの空山基とコラボレーションしました。 ウォッチのダイアルに対するこれまでにない解釈が実現しました。 アルミニウム製ケース、個性的なブラックのラバー製ベゼルとブレスレットが特徴の、大胆で独創的な素材を用いて制作したウォッチ。 斬新で驚くほど現代的な魅力で時計製造の世界を変える、世界共通語を語るウォッチです。


ブルガリ(BVLGARI)

1884年、ギリシャの伝統的な銀細工師であった創始者ソティリオ・ブルガリが、イタリア・ローマに開いたジュエリーショップからブルガリの歴史ははじまります。 今ではイタリアンジュエリーの「スタイル」そのものとして、他に類を見ないデザイン、圧倒的なボリューム、大胆なカラーストーンの組み合わせで、多くの人々を魅了し続けています。

ブルガリブランドは130年以上の長きに亘り、豊かな色彩感覚と古代ギリシャ・ローマ時代から引き継がれてきた奥深いヘリテージ、そして比類なきクラフツマンシップを体現し続けてきました。 1975年にVIP顧客へのスペシャルギフトとして、100本限定で製作された「ブルガリ ローマ」のデジタルウォッチがベースとなり、今やブルガリを代表するウォッチとなった「ブルガリ・ブルガリ」。
ここからブルガリのウォッチメーキングの歴史が始まります。

前へ
次へ