全国一律送料無料!
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

ボール ウォッチ(BALL WATCH)

ボールウォッチ

ボール ウォッチ・カンパニーは1891年、アメリカ・オハイオ州に誕生しました。 当時、鉄道産業はアメリカ人の「アドベンチャー・スピリット」の象徴でした。 しかし一方で、各地で鉄道事故も多発し多くの犠牲者を生みだしていました。
ボール ウォッチ・カンパニーの創業者である「ウェブスター・クレイ・ボール」は、1891年に発生した「キプトンの悲劇」と呼ばれる列車事故の調査を依頼され、その原因が「鉄道員のずさんな時間管理」と「時計の精度」にあることを突き止めました。

“あらゆる過酷な環境のもとで、正確な時を告げる”これが1891年以来のボールのスローガンです。
時代が流れ、主力がさまざまな腕時計へと移り変わった現代でも、ボール ウォッチは一貫してタフツールへの作り手であることにアイデンティティを置き、堅牢さと高精度に集約された優れたスポーツウォッチを独自のテクノロジーを加えながら提供し続けています。

BALL Watch(ボール ウォッチ)の特徴

ボール ウォッチ ボール ウォッチ

ハイレベルな耐衝撃性

現在考えられる最高の品質基準に基づいて作られたボール ウォッチのすべてのモデルは、耐衝撃テストにより5,000Gsの衝撃に耐えることが実証されています。 また、一部の製品では7,500Gsの耐衝撃性を実証するためISOの基準を上回るテストを実施し、さらに上の耐衝撃性を目指しています。

衝撃による精度不良を防止する独自機構

「あらゆる環境の下で正確に時を告げる」をスローガンとするボール ウォッチは、緩急針を特殊なプレートで抑えて固定する新機構「スプリングシール」、ヒゲゼンマイへの衝撃の影響を最大で66%緩和し、時計の精度を安定させる世界初の耐震装置「スプリングロック」を採用しています。

ボール ウォッチ ボール ウォッチ

自社開発ムーブメント

ボール ウォッチ初となる自社開発製のマニュファクチュール ムーブメントは、「正確性」、「効率性」、「信頼性」を基本コンセプトとして開発されました。COSC認定ムーブメントとして、このタイムピースはCOSC(スイス公式クロノメーター検査協会)が実施する厳しい試験に合格しています。

画期的な夜光システム

自発光のマイクロ・ガスライトは、スイスの革新的なレーザー技術によって作られた新しい夜光システムで、その明るさは従来の夜光塗料と比べ約70倍にも達し、10年以上にわたり輝き続けます。
ボールのマイクロ・ガスライトは、光で蓄光したり電池を用いる必要がなく、どんな環境でも常に正確な時刻を読み取ることができます。


並び替え
39件中 1-39件表示
並び替え
39件中 1-39件表示