全国一律送料無料!
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

ファーブル・ルーバ(FAVRE-LEUBA)

ファーブル・ルーバケース

1737年にスイス、ル・ロックルにてブランド創業。以後一度も途切れることなく280年以上にわたり、機械式時計を作り続けています。
19世紀には懐中時計で各国の万博で数々の賞を受賞し、世界中に販路を広げました。20世紀には天文台のクロノメーター検定にて優秀な成績を収めるだけでなく、実用性に基づいた新たな機能を搭載した時計を発表しました。代表作は1962年に発表された世界初、高度計搭載の腕時計「ビバーク」や、1968年に発表された世界初、デプスゲージ(深度計)搭載の腕時計「バシィ」です。

現在のコレクションも実用的なスイス製計器がモットーであり、深海から地上の最高峰までを網羅する時計を揃えています。

ファーブル・ルーバケース

デザインDNA - インスピレーション

ビバーク、ディープブルー、シースカイ、バシィ。有名なモデルには有名たる理由があります。ファーブル・ルーバの時計は「創意工夫に満ちた機能」「新しい技術を常に追求する姿勢」「フロンティア開拓の精神」「大胆なデザイン」により、歴史にその名を残してきました。

これらの伝説的なタイムピースは、ファーブル・ルーバの新コレクションのデザインにおけるインスピレーションの源泉です。特徴的なデザイン要素、形状、カラー。これらを現代風にアレンジして生まれたのが、ファーブル・ルーバの力強いアイコニックなデザインです。極めて高い機能性を有するファーブル・ルーバの腕時計は、もちろん技術面においてもファーブル・ルーバの伝統をしっかりと受け継いでいます。


ファーブル・ルーバケース

ケースデザイン

1960年代から1970年代のファーブル・ルーバの時計同様、ケースはすっきりとしたラインが特徴です。華やかな装飾はありませんが、表情豊かです。ラグからラグへはまるで橋がかかっているようなカーブを描いています。

十四角形

風防リングは内周が丸く、外周は精巧な十四角形に仕上げられています。ファーブル・ルーバの仕上げの技術の一つです。


ファーブル・ルーバケース

ファーブル・ルーバの時計の針は非常にはっきりと見える視認性に優れたものを採用しています。たとえ、暗闇で視界の悪い中においても、針ははっきりと読み取ることができます。これは実用性を重視するファーブル・ルーバの時計の特徴です。

インデックス

インデックスも高い視認性を誇ります。文字盤のデザインにおいては、インデックスが重視され、他の部分はミニマルに抑えられています。はっきり主張するインデックスは大きな長方形であり、丁寧に文字盤に植字されています。ファーブル・ルーバの時計の顔であると同時に、とても実用的なものです。


並び替え
128件中 1-80件表示
1 2
並び替え
128件中 1-80件表示
1 2